病院・院長紹介

院長の西川哲男です。
非常勤医師紹介はこちら(同ページ下部)

開院目的:

平成3年4月に横浜労災病院に内科部長として赴任して以来、地域中核施設としての高度先端医療を実践してきました。定年退官を迎えましたが、これまで貴重な経験や知識を与えてくださった新横浜の患者さんと家族の皆さん、多くの知己や友人先輩の方々との繋がりをさらに深め、少しでも恩返しをさせて頂くことを目的として、このたび個人クリニックの開設を決意致しました。開業医であった父の往診の際の後ろ姿を思い起こし、町医者の真髄を尽くすことを今後の自分自身の生き甲斐にしたいと思っております。

 

開院後の展望:

個人クリニックとして、地域の方々のニーズに幅広く、かつ温かく寄り添うことのできる診療を行うことが基本です。特にこの地域で不足している分野でもある内分泌代謝疾患については、チーム医療を基盤として高い専門的機能を発揮できるよう、充実した診療体制の構築を目指します。他院からの紹介、セカンドオピニオンを含むコンサルテーション依頼なども積極的に受けたいと考えています。

 また日常診療に携わりつつ、地域の皆様と協力して“新横浜健康タウン”宣言の為の縁の下活動を行いたいとも思っています。糖尿病などの生活習慣病が癌や心血管疾患、認知症などの基礎疾患となることはもはや広く知られており、その予防には食事と運動の改善が不可欠です。例えば運動習慣を実現する為の実践活動をこの診療所を中心に街中に拡充し、新横浜の街おこしに貢献できればと考えております。

 

歴:

西川 哲男(にしかわ てつお)

専門分野:内分泌一般、特に下垂体—副腎系、甲状腺、生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、痛風等)

経歴:
1972年(昭和47年)千葉大学医学部卒業後、同第二内科入局、助手を経て医学博士号取得後、米国NIH(1981−1983年、ステロイド産生調節機構:Dr.CA Strott)に留学。帰国後助手に復職、講師を経て、1991年(平成3年)4月横浜労災病院内科部長に転出。

2000年6月 同病院副院長
2010年4月 同病院院長
2016年4月 同病院名誉院長、横浜労災看護専門学校校長
2017年4月 同病院名誉院長(顧問)

【併任】
独立行政法人医薬品医療機器総合機構 専門委員
元東京大学医学部非常勤講師
元北里大学医学部非常勤講師
千葉大学医学部臨床教授
元横浜市立大学医学部臨床教授
元放送大学医客員教授

受賞歴
1.平成22年(2010年)3月25日
日本内分泌学会 第2回Distinguished Endocrinologist Award
“原発性アルドステロン症の診断と治療の諸問題”

2.平成26年(2014年)12月13日
公益財団法人 成人血管病研究振興財団
井村臨床研究賞
“原発性アルドステロン症の診断治療法の確立とその病態解明”

学会活動:
1)国外:米国内分泌学会、米国糖尿病学会、米国循環器学会、
2)国内:日本内科学会(認定内科医、教育指導医、元関東地方会運営幹事、元評議員)、日本内分泌学会(功労評議員、専門医、研修指導医)、日本ステロイドホルモン学会(功労評議員)、日本心血管内分泌代謝学会(功労評議員)、日本糖尿病学会(元評議員、専門医、研修指導医)、日本肥満学会(元評議員)、日本肥満治療学会(理事、評議員)、日本病態栄養学会(評議員、NSTコーデイネーター)、日本高血圧学会(評議員、専門医、研修指導医、内分泌性高血圧作業部会委員)、日本老年病学会(代議員)、日本動脈硬化学会、日本癌学会

 

~医師紹介~
非常勤医師紹介:竹内 牧 (たけうち まき) (水曜、土曜午前担当)
略歴:千葉大学医学部 2004年卒
東京都済生会中央病院初期研修医(2年)、ベストレジデント賞受賞
東京都済生会中央病院後期研修医(1年):糖尿病内分泌内科専門研修
2007年東京大学医学部大学院にて4年間内分泌調節機構に関した基礎研究に従事し、2011年医学博士号(東京大学)取得。
カナダ、トロントに5年間留学
2017年(平成29年) 4月より、東京大学附属病院腎臓・内分泌内科に復帰、現在に至る。